こだわりの条件で探せる時計のベルト販売店ランキング

第1位 カミーユ・フォルネ ジャポン

  • 製品はすべてフランスの自社工場で生まれています

  • こだわりは素材選びと職人の手による確かな作業工程

  • 豊富な素材の組み合わせであらゆるトレンドに対応

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

カミーユ・フォルネ ジャポンに対するみんなの口コミ

こちらで時計ベルトを初めて購入しました。素材の上質さ、染色の美しさにとても魅力を感じられます。一つ一つ手作業で製造されて...
時計とともに、カミーユ・フォルネジャポンで時計ベルトを購入しました。上質な皮でとてもしっかりした作りのベルトで、いつまで...
こちらで時計ベルトを購入するのは2回目になります。大きすぎず、しっかりした作りで綺麗に腕に馴染む感じがとても好きです。皮...

一流ブランドの純正時計ベルトを製造

1980年以降カミーユ・フォルネジャポンは数多くの高級時計ブランドに交換用の時計ベルトを供給するリーダー的存在となりました。「最高の製品を手作りで」という伝統は今も受け継がれています。

第2位 時計バンドのバンビ

  • 「品質」「機能」「デザイン」に常にこだわっています

  • 「取り替える」という概念から「着替える」ファッションアイテムへ

  • オーダーメイドであなただけの時計ベルトが作れる

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

時計バンドのバンビに対するみんなの口コミ

掲載された写真よりももっと素敵な時計ベルトが届きました。想像以上に上品で、すぐに腕に馴染みました。裏地も夏場も気にするこ...
新しい時計を買ったタイミングでこちらで時計ベルトも買いました。撥水仕様のベルトを買いましたが、品質も非常に上品なものにな...
こちらで時計バンドを買うのは2度目です。お手頃な価格で高性能かつ高品質なこの時計バンドはとてもおすすめできます。発送もと...

日本文化で生まれ決して変わらない国産品

時計バンドのバンビは、四季と生きる日本文化で生まれ、決して変わらないMade in Japanのモノ作りをしています。ファッションに彩りを与え、オンリーワンを作り出すベルトでありたいと考えています。

第3位 時計ベルト.com

  • 自宅で実物を確認できるオリジナルサービス

  • 最大級の店舗が運営する時計ベルトの専門サイト

  • 時計・ベルトに精通したプロフェッショナル

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

時計ベルト.comに対するみんなの口コミ

時計に合う上品な時計ベルトを探していたところ、こちらで理想の時計ベルトを見つけました。すぐに購入して、迅速な発送をしてい...
こちらで時計ベルトを探していたところ、2本の時計ベルトで迷いました。そして「自宅実物確認サービス」をお願いしましたが、翌...
父の誕生日プレゼントに時計ベルトを購入しました。しかし、時計ベルトのサイズを間違ってしまい、すぐに問い合わせをすると、と...

40年以上の確かな実績と厚い信頼

時計ベルト.comは、顔の見えにくい相手との商売だからこそ、信頼を最も大切にすべきと考えています。創業以来、地域の方々に支えられてきた40余年。その実績、技術、サービスは、確かな信頼を得ています。

第4位 mano a mano

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

ブランド時計のために生み出されたベルト

mano a manoでは、ブランドウォッチのために作られた時計ベルトがあります。製品に合う革をセレクトし、職人による手仕事で、ブランドウォッチにしっかりと合う時計ベルトを制作しています。

第5位 EMPIRE

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

販売実績累計3万本という確かな実績

数多く評価されているEMPIREの顧客レビューの平均満足度はとても高く安心できるものになっています。確かな実績と品質で、顧客からの信頼を確実に得ています。

時計ベルトの交換するタイミング

ダイアの入った時計腕時計を使用する際には、ベルトは必要不可欠です。腕にはめる際に巻くベルトですが、長く使っているとやはり傷んでくるものです。時計のベルト交換はいったいいつしたらいいのでしょうか。

腕時計は常に腕にするものですが、つけている人が長袖か半袖かで周囲の人に見られるか否かになります。長袖をしている場合、時計のベルトは服によって隠れます。しかし半袖を着用していた場合、腕時計は衆目に晒されます。もしベルトが傷んでいた場合、そんな腕時計をずっと見せびらかしているようなものです。それは少々恥ずかしいどころではありません。

時計のベルトの耐久性は使用頻度、季節、手入れによって違います。一般的には天然の革ベルトは2年ほど使う人が多いようです。そうなると革が傷んでところどころ傷などが目立つようになってきますので、交換するといいでしょう。

金属ベルトとなると革よりも耐久性に優れるので長く使っていけます。ただ扱いようによっては金具が故障する場合があるので、単に革ベルトよりも長く使えるとは一概には言えません。その際には修理をお願いすることになるでしょう。

時計のベルト交換、そして時計のベルト調整は時計屋にお願いするといいでしょう。時計屋によっては他社メーカー品を取り扱わない、というところがあります。その際には個人経営の時計屋を訪ねてみましょう。こちらは複数のメーカーを取り扱っているので、受けてくれる可能性が高いです。

時計ベルトの選び方

お洒落な時計時計のベルトは自分に合ったものや、好みのものから自由に選ぶことが出来ます。またベルト自体も容易に購入を検討できるリーズナブルなものから、本格的なものまで実に様々なラインナップが存在します。色々選べるため、ユーザー側からすればいったいどれを選んだらいいのかと悩んでしまいそうになってしまいます。しかしその前に押さえておくべきことがあるので注意しましょう。

ベルトを選ぶ際にはラグ幅を測ります。ラグ幅というのはベルトの長い方ではなく短い方の長さです。これは時計のベルト取り付け幅であり、このサイズが合っていないとどんなに気に入ったベルトであっても、時計に取り付けることが出来ません。ただし時計によってはラグが特殊で、純正品でなければベルトの取り付けが出来ないものがあるので、事前に調べておきましょう。

次に尾錠の幅を測りましょう。ベルトによっては最初から尾錠が付いているものがありますが、ない場合は調べておくことが必要です。その際には幅だけでなく、ちゃんとベルトの小穴と、ツク棒が通せるかどうかも調べておきましょう。これが合っていなければ時計を腕にはめることが出来ないので注意しましょう。

これら二つをクリアした上で、好みのベルト探しが始まります。自分の時計のことと、ベルトのことを把握した上でベルトを選びましょう。

時計ベルトの素材の種類

シルバーの時計時計のベルトの素材というと、大部分で分けるならば革と金属となります。革、すなわちレザーやラバーです。時計以外でもズボンのベルトを見ると、大部分は革の素材が多く使用されていますが、時計においては革でも金属でもどちらでも見かけられます。その中でも革の素材は実に様々なものが使用されています。

一般的によく使われているものといえばカーフスキンやクロコダイル、アリゲーターでしょうか。カーフスキンは生後6か月以内の仔牛の皮をなめしたものです。きめ細かく柔らかいので、牛皮の中でも上質の素材です。クロコダイル、アリゲーターはワニ皮です。クロコダイルは一般的なもので、アリゲーターは高級品とされています。他にはトカゲ、サメ、蛇といったものが素材として挙げられます。

金属ベルトとなると、まず注意しておきたいのが自分は金属アレルギーかどうかです。腕時計は肌に直にベルトを巻きます。金属アレルギーならば、直に金属をずっと当てることになってしまいますので、肌がアレルギー反応を起こしてしまいます。そのため事前にそうであるか否かは知っておきましょう。素材としてはステンレス、真鍮、シルバー、チタンが挙げられます。高級なものとなると金やプラチナを使用するものがあります。

時計ベルトのお手入れ方法

青いベルトの時計時計、そしてベルトは汚れやさびによって衣服の袖を汚したり、肌に密着しているためにアレルギー反応を起こしたり、かぶれる可能性があります。そのため手入れは非常に重要なものになります。

金属ベルトはステンレス製、または金メッキのものが知られています。汚れたまま使用し続けるとさびが発生します。汗をかいた時、水に濡らしてしまった時には、柔らかく吸湿性の良い布でよく拭き取った後に、通気性のいい場所に保管し、よく乾燥させましょう。また、時々柔らかい歯ブラシなどで中性洗剤を水で薄めた液、石鹸水でベルトを洗いましょう。

革ベルトも同様の手入れで充分使っていくことが出来ます。汗をかいた時には金属ベルトで紹介したような手法で綺麗にしておきましょう。その際にはベルトを強くこするのではなく、丁寧に優しく拭くことです。また使用した後には、直射日光が当たらない風通しの良いところに保管しておきましょう。そうすることによって長持ちします。とはいえ、革ベルトは使用せずとも時間経過によって少しずつ傷みはじめ、劣化していきます。そのため寿命は1~2年とされているのです。充分な手入れは大切ですが、そればかりはどうにもなりません。時期が来たら、ベルトを好感しましょう。

▲ ページトップへ